注文住宅を検討している方の中には、耐震について考える方も多いかと思います。
近年は東日本や熊本、北海道など、大きな地震による被害が発生したので不安になることもあるでしょう。
日本は地震大国とも言われているので地震の心配があります。
そこで、地震に強い注文住宅を建てるために耐震等級について解説するとともに、地震に強い家づくりのポイントをご紹介していきましょう。

■耐震等級とは?

耐震等級とは?
耐震等級について詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?
注文住宅を建てる際には把握していることで安心して暮らせることも予想できるので、解説していきましょう。

・耐震等級1

一般住宅での耐震性能となっており、震度5程度の数十年に一度程度の地震であれば損傷がなく、震度6~7程度の地震が数百年に一度ほど起こったとしても倒壊・崩壊しない建物となります。

・耐震等級2

学校や病院など、避難所として活用される建物の耐震性能となっており、耐震等級1で耐えられる地震の1.25倍の震度の地震が発生したとしても倒壊や崩壊することがなく、震度6~7程度の地震でも一定規模の補修が必要になるだけで住み続けることができる建物となっています。

・耐震等級3

警察署や消防署などの災害復興拠点となる建物の耐震性能となっており、耐震等級1で耐えられる地震の1.5倍の地震がきたとしても倒壊や崩壊することがなく、震度6~7程度の地震でも少しの補修だけで住み続けることができる建物となっています。

注文住宅を建てる際には耐震等級1であれば十分であると考える方もいらっしゃるかと思いますが、地震が発生しても住み続けられるかは不明です。
地震後も住めるようにするためには、耐震等級2以上であることが望ましいので、注文住宅を建てる際の参考にしてみてください。

■地震に強い家づくりのポイント

地震に強い家づくりのポイント
注文住宅の耐震度を上げるためには、水平からの力に耐えられる構造にすることが重要です。
そのためにも、床を強くさせることが必要となりますが、多くの家ではフローリングの下に構造用の合板を敷き込むこととなるでしょう。
吹き抜けを取り入れるのであれば、その分2階の床部分が少なくなってしまうので、補強工事を行う必要性があります。
また、家に軽さがあることで耐震度を上げることもできます。
屋根をストレートや金属にし、構造を鉄筋コンクリートではなく木造にするなど、注文住宅を検討する際には軽さについても考えましょう。

大きな地震から大切な家だけではなく家族を守るためにも、耐震性を考えた家づくりをすることは大切です。
注文住宅においては、耐震等級3にすると間取りの自由度が少なくなってしまうというデメリットがありますが、地震がきたとしても住み続けられる安心感があるので耐震性の高い注文住宅を検討しているのであれば、耐震等級について今一度考えてみてはいかがでしょうか?