断熱工法には外張りと充填の2つがありますが、注文住宅でどちらが施されるかはハウスメーカーや工務店によっても異なります。
そもそも2つの工法の違いは何か、また外張りで注文住宅の業者を選ぶ時のポイントについてご紹介しましょう。

■2つの工法の違いは?

2つの工法の違いは?
2つの工法の大きな違いは断熱材を入れる場所で、それにより異なるメリットとデメリットがあります。

・外張りの特徴

壁の中にある柱の外側に施工され、壁だけではなく屋根も断熱するので寒冷地に採用されています。
構造躯体の結露を防止する効果があるので構造材の腐食しにくく、他にも防温や気密工事、壁内部の配管・配線工事が比較的容易にできことがメリットです。
デメリットとしては壁が厚くなるので注文住宅でプランニングする時は余分に面積を取る必要があり、また価格相場が充填よりも高めであることが挙げられます。

・充填の特徴

壁の中にある柱と柱の間に施工する工法で、施工のしやすさから価格は比較的安価です。
壁の内側に詰めるので断熱作用のある面積が小さい分、高い効果に期待できるでしょう。
しかし、気密性の向上には別の工事が必要で、他にも範囲がフローリングの下や天井の上となるので温度差が生じやすく、屋根裏や床下への施工は困難です。
また、気密性や通気性が悪いと壁の内部で結露が生じるので注意してください。

■注文住宅で外張り断熱ができる業者を選ぶポイント

注文住宅で外張り断熱ができる業者を選ぶポイント
注文住宅を寒冷地に建てるのであれば、注文住宅では外張りでの断熱が最適でしょう。
この工法は充填タイプよりも特殊なので、注文住宅を依頼する際は施工実績のある業者を選ぶことが望ましいです。

・施工内容を確認

外張りには一定の規格や標準仕様がないので、注文住宅の施工内容は業者によって異なります。
従来は壁や屋根、基礎全体まで施す必要がありますが、壁や屋根は外断熱、基礎は内断熱としている場合もあるので、どこまで範囲なのか確認することが大事です。

・使用する資材を確認

断熱材は性能だけではなく、どんな資材を使っているか確認してください。
使用している資材によって性能や機能に違いがあります。

・実績と価格を確認

特殊な工法なので技術が不十分だと本来の性能が発揮されず、欠陥住宅になることもあります。
気密測定器を提示している業者は腕に自信があると考え、注文住宅を依頼する際に目安と考えても良いでしょう。
また、充填タイプよりも価格は高くなりますが、極端に高い場合は注意が必要なので、相見積もりで相場を把握して正当な価格か見極めることが大切です。

注文住宅はデザインや間取りだけではなく快適性や省エネも意識されており、それを実現するためには断熱にこだわりたい部分と言えます。
ご紹介したメリットやデメリット、業者の選び方を踏まえて、外張りの断熱で年中快適な注文住宅を実現してみましょう。